地域の転職情報 | 2020年9月2日

【最新版】岩手の平均年収は全国最下位?岩手県で年収の高い企業はここ!

この記事を書いた人

コンサルタント

山上 公平

インターネット求人広告会社で、中途採用支援や医療系の人材紹介事業に従事。人材紹介業の経験を活かし、転職支援会社へ入社する。転職希望者と共に悩み、共に考えるサポートを心がけている。趣味はゴルフと農作業。

転職コンサルタントについて詳しく知る

岩手県内の企業への転職を考えたとき、「年収」を重視して求人を探す方は多いのではないでしょうか。

「転職して年収アップさせたい」という方は、まずは現在の年収と岩手・盛岡の平均年収を比較してみましょう。

今回は、岩手県の平均年収について年齢や業種別に分けて分析します。

また、岩手県内に本社を構える、年収の高い企業もあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

>>岩手県の高年収おすすめ求人を見る

1.岩手・盛岡の平均年収

厚生労働省や総務省が発表しているデータをもとに、岩手県の主な市町村の平均年収を算出しました。

岩手県の平均年収は391.3万円!全国では41位

厚生労働省の調査結果を用いて平均年収を算出すると、岩手県の平均年収は391.3万円で、全国の順位は41位でした。

【今がチャンス!】岩手の年収391.3万円以上の求人をチェック

岩手県の平均年収を平成24年~令和元年年の7年間でみたところ、平成29年から令和元年の伸びが20万円ほどと大きな変化を見せています。

参考:厚生労働省「令和元年 賃金構造基本統計調査」の一般労働者、都道府県別のデータをもとに算出

岩手県の月給は27.6万円で全国43位

厚生労働省の「令和元年 賃金構造基本統計調査」で一般職員(パート職員を除く)の月々の賃金をみると、全国平均は30.7万円でした

これに対し、岩手県は24.5万円で、全国での順位は43位です。

最下位を免れたものの、全国の平均賃金を60,000円ほど下回る結果に。トップの東京都(37.9万円)とは130,000円以上の差があります。

( )内は、調査対象者の年齢と勤続年数の平均値です。

参考:厚生労働省「令和元年 賃金構造基本統計調査の概況

平均年収の男女差はやや拡大傾向

厚労省の平成24年~令和元年のデータから、岩手県の平均年収を男女別に算出しました。

まず、男性についてみると、平成24年と25年の平均年収は380万円台に留まっていますが、平成26年に403.3万円になってからは400万円台をキープしています。

また、女性も平成29年に平均年収が300万円台に上昇し、令和元年の調査では前年よりも15万円以上平均年収がアップしていることが分かります。

男女ともに、平成28年に一度平均年収が落ち込むもののその後は順調に平均年収が上がっています。

参考:厚生労働省「令和元年 賃金構造基本統計調査」の一般労働者、都道府県別「岩手県」のデータをもとに算出

>>岩手県の高年収おすすめ求人を見る

岩手県の平均年収は45~49歳がピーク

平均年収を5歳ごとに分けて年代別に計算したところ、20~24歳の平均年収は285.39万円でした。

その後、年代が上がるにつれて平均年収は順調に増えていき、45~49歳に452.6万円のピークに達します。50~54歳には443.3万円に落ち込みますが、55~59歳に再び451.9万円まで上昇します。

60~64歳になると、平均年収はさらに減少して339.6万円という結果になりました。

参考:厚生労働省「令和元年 賃金構造基本統計調査」の一般労働者、都道府県別「岩手県」のデータをもとに算出

男性のピークは55~59歳で、女性は45~49歳

年齢別の平均年収を性別で分けてみると、以下のような違いがありました。

男性の平均年収は20~24歳の280.4万円から徐々に増えて、55~59歳に516.4万円となってピークを迎えます。

一方、女性の平均年収は20~24歳と60~64歳は300万円を下回っていますが、ほかの年代は300万円をキープ。

男性よりも年収のピークが45~49歳と早めに訪れています。

参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」の一般労働者、都道府県別「宮城県」のデータをもとに算出

「電気・ガス・熱供給・水道業」の平均年収は608.3万円

岩手県の令和元年の賃金データをもとに業種別の平均年収を算出した結果、平均年収は業種によって大きく異なることがわかりました。

ここで取り上げた6業種の中で、平均年収がもっとも高かったのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の562.7万円。

一方、平均年収が低かったのは「宿泊業,飲食サービス業」の287.4万円で、その差はなんと約275万円でした。

参考:厚生労働省「令和元年 賃金構造基本統計調査」の一般労働者、都道府県別「宮城県」のデータをもとに算出

東北地方で平均年収の400万円超えは宮城と福島の2県だけ

東北地方について県別の平均年収を調べてみると、最高額は宮城県の464万円。

全国の順位は18位でした。

次に平均年収が高かったのは415.7万円の福島県です。

東北6県のうち、平均年収が400万円を超えたのは宮城県と福島県のみで、岩手県を含む他の4県は370万円台~390万円台に留まっています。

参考:厚生労働省「令和元年 賃金構造基本統計調査」の一般労働者、都道府県別のデータを基に算出

参考までに、都道府県別のランキングで上位を占めた都道府県を紹介します。

1位は東京都の620.3万円。2位の神奈川県(560.2万円)とは60万円ほどの開きがありました。

3位以降には愛知県、大阪府、滋賀県が続き、5位の滋賀県までは平均年収が500万円を超えています。

ランキング上位の都道府県と岩手県の平均年収(391.3万円)を比べると、100万円から200万円以上の差があります。

参考:厚生労働省「令和元年 賃金構造基本統計調査」の一般労働者、都道府県別のデータを基に算出

盛岡市の平均所得は310万円

総務省の「平成28年度 市町村税課税状況等の調査」をもとに市町村別の平均所得を算出したところ、盛岡市の平均所得は310.4万円。
全国の市町村別ランキングでは、360位でした。

盛岡市の平均所得について、平成24年から28年までの変化みると大きな増減はありません。
ここ5年間は、およそ300万円から310万円の範囲で推移しています。

※平均所得は、以下の総務省の「平成28年度 市町村税課税状況」を参考に課税対象となる所得の総額(課税対象所得総額)を納税者数で割って求めました。そのため、ここでいう平均所得は、平均年収よりも低い額となります。

参考:総務省「平成28年度 市町村税課税状況の調査」、市町村別「第11表 課税標準額段階別平成28年度分所得割額等に関する調査(合計)」をもとに算出
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/ichiran09_16.html

>>岩手県の高年収おすすめ求人を見る

岩手県内で年収の高い市町村

盛岡市は岩手県では唯一、平均所得が300万円を超え、2位の北上市に約37万円の差をつけています。

岩手県内の市町村を平均所得の高い順に並べると、上位5つは以下のとおりになりました。

参考:総務省「平成28年度 市町村税課税状況の調査」、市町村別「第11表 課税標準額段階別平成28年度分所得割額等に関する調査(合計)」をもとに算出
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/ichiran09_16.html

2.岩手県内に本社がある高年収の企業

各企業から発表された令和元年度の有価証券報告書のデータをもとに、岩手県内に本社を置いている企業のうち年収の高い企業5社を紹介します。

1位 岩手日報社(平均年収:約664.9万円)

岩手日報社は日刊新聞の印刷、発行、販売などを手がける岩手に根差した新聞社です。

新聞以外にも、各種スポーツ大会や音楽、展示会といった文化事業の開催するなど、広告文やでも事業を展開しています。

明治9年に発行された岩手県初の新聞「巖手(いわて)新聞誌」をルーツとし、2016年には創刊140周年を迎えました。

  • 本社所在地:岩手県盛岡市内丸3-7
  • 業種:出版
  • 平均年齢:41.4
  • 従業員数:252人
  • 勤続年数:17.2年

参考:岩手日報社「有価証券報告書(2018年度実績)

>>転職サイトには掲載されていない岩手のマスメディアの求人を探す

2位 株式会社岩手銀行(平均年収:約647.5万円)

岩手銀行は、昭和7年に岩手県主導のもと、岩手殖産銀行として設立された地方銀行です。

その後、陸中銀行や岩手貯蓄銀行を吸収合併し、昭和35年に現在の岩手銀行に名称が変わりました。

岩手銀行は銀行業務のほかに、リース業務やクレジットカード業務、信用保証業務などの金融サービスも行っています。

2020年8月27日現在の店舗数は109カ店(出張所2カ店含む)です。

  • 本社所在地:岩手県盛岡市中央通1丁目2番3号
  • 業種:金融業
  • 平均年齢:38.8歳
  • 従業員数:1,403人
  • 勤続年数:15.9年

参考:株式会社岩手銀行「有価証券報告書(2019年度実績)

>>転職サイトには掲載されていない岩手の金融関連の求人を探す

3位 株式会社ネクスグループ(平均年収:約587.6万円)

株式会社ネクスグループは、本多通信工業株式会社のグループ会社として昭和59年に誕生した会社です。

創業当初は通信回線用機器の設計や製造でしたが徐々に業務を拡大し、富士通などの企業向けにデバイス事業を開始しました(現在は持株会社へ移行)。

その後、平成24年に株式会社フィスコのグループ会社となり、インターネット旅行事業のほか、介護業務支援システムや介護ロボット、農業ICTなどの企画・開発・販売なども行っています。

  • 本社所在地:岩手県花巻市椚ノ目第2地割32番地1
  • 業種:電気機器業
  • 平均年齢:46.1歳
  • 従業員数:16人
  • 勤続年数:2.0年

参考:株式会社ネクスグループ「有価証券報告書(2018年度実績)

>>転職サイトには掲載されていない岩手の技術職の求人を探す

4位 株式会社東北銀行(平均年収:約510.8万円)

東北銀行は昭和25年に設立された地方銀行です。

銀行業務のほか、リース業務などの事業も開始し、平成9年には東京証券取引所市場第二部に上場しました。

平成28年には東北ビジネスサービス株式会社を吸収合併して4つ目の子会社とし、ソフトウェアの開発や販売業務なども行っています。

  • 本社所在地:岩手県盛岡市内丸3番1号
  • 業種:金融業
  • 平均年齢:40.3歳
  • 従業員数:557人
  • 勤続年数:16.4年

参考:株式会社東北銀行「有価証券報告書(2019年度実績)

>>転職サイトには掲載されていない岩手の金融関連の求人を探す

5位 株式会社北日本銀行(平均年収:約505万円)

北日本銀行の前身は、昭和17年に岩手無尽株式会社と盛岡無尽株式会社の合併によって誕生した岩手興産無尽株式会社です。

北日本銀行は3つの小会社とともに、銀行業やリース業、その他の金融サービスとしてクレジットカード業務や信用保証業務などを行っています。

  • 本社所在地:岩手県盛岡市中央通1丁目6番7号
  • 業種:金融業
  • 平均年齢:39.5歳
  • 従業員数:855人
  • 勤続年数:16.8年

参考:株式会社北日本銀行「有価証券報告書(2019年度実績)

>>転職サイトには掲載されていない岩手の金融関連の求人を探す

>>岩手県の高年収おすすめ求人を見る

3.年収を上げたいなら転職エージェントの利用がおすすめ

年収の年齢や地域、業種による違いなどを見てきましたが、「思ったより違いが大きい」と感じた方も多いのではないでしょうか。

今の年収に不満があり、「もっと条件のいいところで働きたい」という方には、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。

転職エージェントは、ハローワークや求人サイトなどには出ていない好条件の求人情報の紹介や、企業との採用条件の交渉なども代行してくれます。特に、「岩手県内で転職先を見つけたい」という方は、地域の求人に強い地域特化型の転職エージェントに登録して転職活動を行うとよいでしょう。

 

転職エージェントの中でも登録するならHUREXがおすすめです。

転職サポート実績は東北地方No.1。毎月2,000名ほどが利用し、多くの方が転職に成功しています。

岩手の銀行との提携に加え地元企業とも信頼関係を築いているため、大手にはない好条件・好待遇の求人が豊富です。

 

【おすすめ記事】


 

※当サイトでは、有価証券報告書、EDINET、厚生労働省などによって開示されたデータを引用し、各種データの更新を行っております。情報の正確さについては、万全を期しておりますが、情報の全てに関して保証するものではありません。また、当サイトの掲載情報に対して発生した不利益や問題について、直接、間接を問わず何ら誰に対しても責任を負うものではなく、またいかなる保証もいたしません。各種引用元データの変更、追加、削除などによる情報の差異につきましても、当社は、一切の責任を負わないものとします。

この記事を書いた人

コンサルタント

山上 公平

インターネット求人広告会社で、中途採用支援や医療系の人材紹介事業に従事。人材紹介業の経験を活かし、転職支援会社へ入社する。転職希望者と共に悩み、共に考えるサポートを心がけている。趣味はゴルフと農作業。

転職コンサルタントについて詳しく知る
コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。