地域の転職情報 | 2020年7月8日

岩手のU・Iターン転職で成功したい!狙い目の業界は?

国内では北海道に次いで広い面積を有する岩手県。県庁所在地である盛岡市を中心に、さまざまな企業が存在しています。農林水産業が有名な岩手県ですが、交通の利便性が向上したことで近年は製造業が栄え、U・Iターン転職を考える人が増えてきているようです。岩手県で転職活動を始める際には、どのような業界が狙い目なのでしょうか。U・Iターンのメリットとデメリットも把握しておく必要もあります。今回は岩手県のU・Iターン事情を紹介していきますので、これから転職活動を始めるという方はぜひ参考にしてください。

1.U・Iターンの違いとは?

U・Iターン就職・転職には、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。しばしば聞かれるJ・Oターンについても紹介します。

地方に戻って働くのはU・Iターンで共通

U・Iターンとは東京をはじめとする大都市圏以外のエリアに拠点を移して働くことです。地方出身者が一旦都会で就職したのちに退職し、故郷に戻るのが典型といえます。

一方、Iターンは都市部の出身者が一旦都会で就職したのち退職し、地方の企業に就職することです。都会に比べて家賃などの生活費を抑えやすいところがIターンのメリットといわれています。

Uターン例

  • 岩手生まれ→東京で就職→岩手に移住・再就職

Iターン例

  • 東京生まれ→東京で就職→岩手に移住・再就職

変則的なJ・Oターン転職をする人も

U・Iターンよりも変則的なJターンやOターンと呼ばれる就職方式もあります。Jターンとは故郷から一旦都会に就職後、退職して故郷に近い地方都市で就職する方法です。

対するOターンは地方出身者が一旦都会に就職して退職し、もう一度地方都市に戻って就職。その後、再度地方を離れて都会で就職する方法です。Uターンを二度行って、最終的にOの形を作っているところがOターンと呼ばれる理由です。

Jターン例

  • 岩手県花巻市出まれ→東京で就職→岩手県盛岡市に移住・再就職

Oターン例

  • 岩手県盛岡市生まれ→東京で就職→岩手県盛岡市に移住・再就職→再度東京に戻って就職

2.岩手でU・Iターンをするメリット

東北圏内で最も広い面積を有する岩手県でU・Iターンをするメリットはどのようなところにあるのでしょうか。就職事情から住環境まで、さまざまな面で検証してみました。

大手メーカーで働くチャンスがある!

2019年10月に半導体記憶装置フラッシュメモリー世界シェア第2位のキオクシア(旧東芝)が岩手県北上市にある北工業団地内に新工場を完成しました。国内最大級の半導体工場が誕生したことで、岩手県はオフィスビルの建築計画が進み、アパートの建設や宅地計画が進んでいます。

これ以外にも岩手県には金ヶ崎町にトヨタ自動車の工場があり、同町には2018年にデンソーの新工場が完成しています。このように県内には大手メーカーが続々進出していて、大手メーカーの求人が見つかるかもしれません。

安定した収入を望める農林水産業界がおすすめ

産業構造構成比

 

岩手県は第一次産業(※1)や第二次産業(※2)の発展が目覚ましく、平成27年の国勢調査では第一次・第二次産業従事者が全国平均よりもかなり高いことがわかっています。

実際のところ平成28年における農業産出額は2,609億円で全国11位、平成27年の林業産出額は約230億円で全国5位、漁業生産額は約384億円で第12位です。

農業機械販売を行うみちのくクボタや港湾漁業事業を行っている宮城建設は年間150億円以上の売上を上げている岩手県の優良企業として知られています。
(※1)第一次産業…農業・林業・水産業
(※2)第二次産業…鉄鉱業・製造業・建設業

住みよさランキングトップの盛岡は狙い目!

毎年東洋経済が発表している「住みよさランキング」の2020年版で、岩手県盛岡市は北海道・東北地方のトップになりました。その理由としてJR東北本線や山田線など複数の路線が乗り入れている盛岡駅があること、大型のショッピングモールがあること、そして保育園や幼稚園などの教育施設が充実していることが挙げられます。

他にも同じ岩手県では釜石市が8位、北上市が9位にランクインしています

家賃相場は仙台市よりも低め

岩手県と全国の賃料比較
全国賃貸管理ビジネス協会が毎月発表している「全国家賃動向(2020年5月)」を見ると、岩手県の平均家賃はどの部屋数であっても全国平均を下回っていることがわかりました。全国でもっとも相場が高いとされる東京の平均家賃に比べると69%程度の水準であり、かなりお値打ちといえるでしょう。

ゆかりのある場所で働けるのはU・Iターンの魅力

岩手県だけではありませんが、なじみのある故郷の企業には安心感があり、就職活動も幾分しやすくなります。また、家族や友人が近くに住んでいると家庭と仕事の両立もしやすくなるので、育児や介護中の方にはおすすめです。ゆかりのある場所で大きなストレスを抱えることなく、リラックスして働けるでしょう。

3.岩手でU・Iターン転職をするデメリット

岩手県へのU・Iターン転職はメリットがたくさんありますが、デメリットが全くないわけではありません。長所だけではなく短所も理解したうえで、U・Iターンを検討してみてください。

希望の求人が見つからないことも

東北各県と全国の有効求人倍率の動き

<参考>岩手労働局 一般職業紹介状況 報道発表

新型コロナウイルス騒動の影響もありますが、2020年4月における岩手県の有効求人倍率は1.12倍で全国平均の1.32倍や東北平均の1.23倍と比較するとかなり低めです。応募先を見つけたとしても、競争率が高く不採用になってしまう可能性も否定できません。

しかし、前年同月の有効求人倍率は1.43倍と高めであったことから、コロナ騒動が収束すればまた高まってくる可能性があります。

事務職への転職は狭き門

岩手の求人数と有効求人倍率

<参考>岩手労働局 一般職業紹介状況 報道発表(p.9)

岩手労働局が発表している求人・求職バランスシートを見ると、サービス業の求人数がダントツです。それでも有効求人倍率だけを見ると建設業が2.86と非常に高く、比較的求人を見つけやすいと考えられます。
反面事務職の求人は非常に少なく、有効求人倍率は0.29と低い数値を示しています。求人数も決して多いとは言えず、事務職を探している人は希望の求人を見つけにくいかもしれません。

年収が下がる可能性がある

厚生労働省が実施した「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、岩手県の平均賃金は約24.6万円で全国43位で下から数えたほうが早い位置にいます。大都市から岩手県にU・Iターンする場合、年収が下がってしまうかもしれません。
ただし、前章で紹介した通り岩手県は家賃などの生活費を抑えられる可能性が高く、暮らしの水準を下げることなく生活できます。

県庁所在地以外の場所で働く可能性もある

岩手県内の有効求人倍率を見ると、県庁所在地の盛岡市(1.02倍)よりも花巻市(1.40倍)や北上市(ともに1.42)のほうが高いことがわかります。特に北上市には大きな工業団地が存在することから、年間を通じて倍率が高くなる傾向にあります。
目指す業種や職種によっては、県庁所在地の盛岡市から離れた市町村で働くことになり、地方に引っ越すことになるかもしれません。しかし、北上市や釜石市は住みやすい街にランクインするほど魅力のある街で、快適な暮らしを期待できます。

<参考>岩手労働局 一般職業紹介状況 報道発表(p.5)

4.岩手県へのU・Iターンで受けられる支援制度

岩手県では U・ I ターン転職者に対して、さまざまな支援制度を行っています。 岩手県へのU・Iターンを考えている人は、事前に理解したうえで有効活用することをおすすめします。

岩手県移住支援事業で100万円受け取れる

岩手県では東京圏から岩手県内へ移住し、起業や就職をした人に対して助成金の支給を行っています。最大支給額は単身の場合で60万円、世帯者は100万円です。ほかにも住民票を移す直前の10年間のうち通算5年以上、東京23区内に暮らしていることが条件とされています。支給金の申請期間も転入後3か月以上1年以内と定められているので、事前に概要をよく確認しましょう。

<参考>岩手県|岩手県移住支援事業について

充実した北上市の定住支援制度

北上市では県外から市内にUIターン転職を考えている20~49歳の女性と20~64歳で中小企業に就職しようとしている方(性別は問わない)にUIターン定住促進事業補助金を支給しています。具体的には引っ越し費用と採用活動時の交通費を支給することで、北上市の振興を試みています。北上市はメーカーの求人数が多く住みやすい街として知られているため、狙い目なのかもしれません。

<参考>ふるさといわて定住財団|【北上市】引っ越し費用・採用試験の交通費を助成します!

いわてU・Iターンサポートデスクで移住相談できる

岩手県盛岡市には「いずれ岩手県でUIターンしたい」と考えている人を対象に、定期的な情報配信やインターンシップの実施支援など、移住に関するさまざまなサポートを行っています。メールや電話でも受け付けているため、全国どこからでも利用できるところが魅力です。

いわてU・Iターンサポートデスク2

<参考>シゴトバクラシバIWATE

5.岩手のU・Iターンを考えている人は転職エージェントに相談しよう

岩手県の有効求人倍率や年収は決して高いとは言えませんが、メーカーや農林水産業など安定している業界もあり、優良企業の求人を見つけられる可能性があります。また、盛岡市は住みよい街にもランクインするほど生活環境が整っていて、金銭的にも精神的にも余裕のある暮らしを送ることができるでしょう。

しかし、一度は離れてしまった土地で新たに転職活動をするのは決して簡単なことではありません。少ない情報量をもとに転職先を決めてしまうのは、後悔のもとです。これから岩手でU・Iターン転職を始める人は、まず信頼できる転職エージェントに登録することから始めてみてはいかがでしょうか。地元の情報を熟知した転職エージェントであれば、有益な情報を提供してくれます。選考スケジュールも調整してくれるので、UIターン転職活動をしやすくなるでしょう。

>>岩手に強い転職エージェントに無料会員登録をしてみる

 

コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。